×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カードローン 借りれない 審査ゆるい 急な入用

カードローン借りれない

うまくいけばすぐにお金が借りれるカードローン
本当に早い所では最短30分程度で審査が終わって融資が可能であれば一瞬で振込み
又は借入というように本当に高速にキャッシングが出来るものなんだと思います。

 

消費者金融や銀行のカードローン審査に無事通れば
いつでも融資限度額以内であればいつでも引き下ろしがコンビニATMなどで出来るようになる為
大変毎月の生活にも余裕が出てくるものと言えるでしょう。

 

でもこれって自分がちゃんと働いていて収入があって職業も審査基準をクリア出来る職業であり
尚かつ信用情報にブラックなどがない人限定のキャッシングとなるでしょう。

 

ですので過去に借金返済が難しく債務整理で任意整理や自己破産などしていたら
審査に通らないのが当たり前と思っておきましょう。

 

又他社借入による事故があったり多重債務でお金が借りれない人であればこれも又審査には通らないと覚えておきましょう。

 

信用情報と属性情報が何も問題ないと判断されれば大手消費者金融や銀行カードローンでは初めて融資可決となるので
これがクリア出来ない人だとキャッシング申込みしてもまずお金が借りれる可能性は高くないでしょう。

 

つまりは審査落ちとなってしまいますので大手のカードローンでこれ以上お金を借りる事は出来ないのかもしれませんでした。

カードローン審査落ちの理由

会社などで働いている一般の会社員の方がカードローンで申込みをした場合
恐らく融資否決をくらう可能性はそんなに高くありません。

 

何故ならばちゃんとしっかりとした安定した収入と職業を実証出来るものでしょうから
審査で不利になる事故情報が記録されていない限りはどのカードローンに申し込みされましても全て適用出来るものなんだと考えられるでしょう。

 

会社員であれば年収もアルバイトやパートに比べて高く勤続年数次第では返済能力としても信頼性を付ける事が出来るので
多少審査が厳しい銀行カードローンであっても普通の会社員がお金を借りたい場合であればかなり審査上有利になる事が多いでしょう。

 

でも世間ではあちこちでカードローン審査に落ちたという情報も沢山あると思います。

 

これには様々な原因が考えられるものだと思われますが
まずカードローンに審査で落ちる場合
消費者金融であれば総量規制にひっかかるという場合があるでしょう。

 

これは新規でキャッシング申込みした際など他社借入によって年収の1/3以上の借入を超えていたりするとお金が借りれない制約となっているので
総量規制対象の消費者金融系カードローンでこれに該当する人はまず審査落ちとなってしまうでしょう。

 

他にも専業主婦が消費者金融でお金を借りた場合
大手消費者金融の会社によっては専業主婦を受付てくれない所もあるので
属性情報が専業主婦の人は消費者金融でお金を借りたいと思わない方が審査落ちや融資否決後の多重申込みのリスクを避ける事が出来るでしょう。

 

消費者金融以外で銀行カードローンやクレジットカードローンなんかもあると思いますが
これらにおいても共通項として信用情報機関というものがあって自分の信用情報にキズが付いている
過去の借入返済によるトラブルや金融事故なんてあった場合もすぐにお金が借りれない人と審査時に判明してしまうでしょう。

 

更には借入件数が極端に多かったり他社延滞などがあるような人もお金が借りれない原因となっている事も多いでしょう。

 

このようにカードローン審査では落ちやすい人と落ちにくい人って必ずあるので
ここをちゃんと理解しておかないといざという時にお金が借りれないと思います。

 

何度も何処でもお金が借りたい一身でキャッシング申込みすればするだけ良いってものではなくて
これが原因で申込みブラックになる事だって在り得る為
過度な申込みはなるべく避けておかなくてはなりませんでした。

 

又キャッシングで本当に借りれる人なら一発で借りれるので
一度や二度とカードローン審査で落ちたらのであれば大手でお金を借りる事を改めなければいけないのかもしれませんでした。