×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

銀行系カードローン ノンバンクカードローン

銀行系カードローンとノンバンクのカードローンの違い

ネットでお金が借りたいと思ってキャッシングを調べていると
どうやら銀行系カードローンとノンバンクカードローンと二種類が基本的に今人気のあるカードローンとなっていた。

 

しかし銀行系カードローンはわかるけれど
ノンバンクって何?

 

又銀行系とノンバンクの違いってどういう所?

 

初めてキャッシングする人や申込み検討している人にとって
こんな疑問などきっとある事だと思います。

 

ここは焦らず一つずつ解決していきましょう。

 

まず銀行系カードローンですが審査がしっかりとしているのでそれなりの身分じゃないと契約は難しいでしょう
但し専業主婦ならば無収入でも配偶者貸付を夫の同意不要で出来る点があるので主婦層とは相性がとても良いカードローンだと言えますね。

 

総量規制対象外だし低金利だし銀行系カードローンの利点は結構あると思いました。

 

でも即日融資やスピード融資がすぐに可能かどうかで言えばまだそこまでは言えるものではなく
徐々に対応していっている感じなので比較的銀行系カードローンは融資までに時間がかかる事が多いようでした。

 

それでも大手銀行ならではの信頼性と安全性は保証出来るものだと言えるでしょう。

 

ではノンバンク系って何?

 

ノンバンクカードローンというのはいわゆる消費者金融系のカードローンとなりますから
テレビで見られているようなアコムとかプロミス
モビットなんかがそれに当たるでしょう。

 

つまりこの場合銀行系と消費者金融系の二種の比較となるので
銀行系カードローンとノンバンクカードローンの違いを示す事となるんだと思いますが
ノンバンク(消費者金融)カードローンの特徴はスピード融資が得意な所でしょう
ですから銀行に比べてすぐにお金が借りたい人にはこらちでお金を借りる事をおすすめしておきましょう。

 

しかし銀行系カードローンのように総量規制対象外でお金が借りれるかどうかと言えば
そうではないので年収を意識して総量規制をちゃんと守った上で借入しないと審査時にこれでひっかかってお金が借りれない結果となるので気をつけましょう。

 

又銀行系に比べて高金利なのでお金が早く借りやすい分その手数料は高めという事となるでしょう。

 

又銀行系もノンバンクカードローンどちらにしても信用情報が共有されているので
過去に債務整理経験があったり多重債務でお金が借りれないなんて人であれば
大手の銀行系とノンバンクカードローン審査で落ちてしまう為
お金が借りれないのでこれはあらかじめ知っておいて下さいね。

 

最後にまとめると銀行系は対応は遅いが丁寧かつしっかりと融資を行ってくれる点で利用価値が高い
お金が借り辛い専業主婦でも配偶者同意不要でお金が借りれる利点もあれば低金利と総量規制対象外というメリットが豊富なので
利用後に損をする事がまずないと言えるでしょう。

 

ノンバンクカードローンに関してはずばり融資対応が早い分金利が高くて審査は甘すぎず辛すぎずといった感じ
しかし主婦層だったり水商売又は自営業など属性によっては審査落ちしやすく早くお金が借りれると言われている割と審査基準が厳しいようにも思えます
と言ってもブラックだったり多重債務なんかじゃ無ければお金が借りれる可能性は高いので

 

これらのカードローンを比較するとまず五分五分といった所だと思いました。